社員研修

退職するとき、ほとんどの社員が、本当の理由を言わず体裁の良いありきたりな理由で退職しています。しかし本当は違う理由が存在し、それには「本人の問題」と「企業側の問題」に分かれます。

本人の問題

◆長期的なキャリアビジョンが無く、目の前の問題に囚われている。

例えば、仕事が上手くいかない、思っていたのと違う、最近残業が多い(少ない)、人間関係が上手くいっていない等。どこの企業、職場に行っても直面しうる問題に対して、自分の力に変えキャリアに活かせるようにするといった視点が無く安易に退職し、転職を繰り返してしまう。

◆受け身で自分からのアプローチに欠ける。

仕事や人間関係、プライベートの変化による悩みなど相談すれば解決できそうな問題も、自分から相談することが出来ない。また1か10まで教え与えないと仕事ができない。

企業側の問題

◆目標設定が不十分

ミッションとして最初は与えられた目標があっても、本人が自分のものとして主体的に目標設定できていなければ、やらされているだけの仕事となり、モチベーションが維持できず生産性も上がらない。また、そういった仕事の仕方で自身の成長を感じられず、自分には合わないのではないか、やりたいことではなかったかもと考えてしまう。その上、評価制度が整っていなければ、やりがいを見いだせずに退職を考えてしまう。

◆社員育成の課題

現在の社員育成は人が人に声をかけて育てていくので、伝え方や言葉の受け止め方が大切になってきます。「伝えたつもり」「分かったつもり」「そういうつもりではなかった」等々。多様化している価値観を踏まえ、互いを理解し伝える力が必要です。同じ育成目標でも伝え方で結果は変わります。自己理解・他者理解・コミュニケーション力が大切です。

さて、ここまで読んで頂いて、確かに思い当たる節がある、経営者様は多いはず。

どうやってこの課題に取り組みますか?

”基本ビジネススキルの向上を目的とした、参加型・実践型研修”

従業員の皆様に社会人として必要な基礎知識を「聞く・考える・行動する」の三段階の考え方で、ディスカッションやワークなどを多く取り入れ、参加型・実践型の研修を実施し、より職場(実務)に連結する研修内容を実現しています。

講座一覧 講師紹介 受講生の声

これらの研修に”助成金”を活用するという発想

助成金の財源は、雇用保険料です。従業員を雇っている会社様は、毎年1,000万円の助成金を受け取る権利があります。現在では、人材不足が課題となっている一方、人材の定着も大きな課題となっています。給与や環境といった側面だけでなく、社員の定着率を良くするには「仕事のやりがい」を高めることが重要です。研修を社内制度化することによって、社員自身に存在価値を感じてもらえます。

 

  • 助成金手続き無料

  • 成金策済みのリキュラム!

  • 研修と助成金手続きを一貫してサポート!

  • 対象者は、用保険加入者!

  • お一人様最大147万円助成されます!

  • 1名からでもお申込可能!

 

ご興味がおありでしたら、お問い合わせくださいませ!
研修や助成金について詳しく説明させて頂きます!

 

社員研修・助成金のご相談は、株式会社ウィル

お電話:06-6949-8163

お問い合わせフォーム